忍者ブログ
Admin / Write / Res
EN125-2Aでリターンおやじライダーの覚書、独り言 プチカスタムやメンテナンス履歴
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
追加で加工取り付けしたハンドルバーですが、ナビを取り付けて走っているとバー自身が回転してナビがずれてくる(下を向いてくる)ことがわかりました。

テスト時は短距離でしたので起こりませんでしたが、今日のように長距離走ると顕著です。

考えてみれば、アルミバーを塩ビ管用のクランプで固定しているだけですので、ずれて当然なのですが・・・・ ハハハ。

で、帰宅するまで頻繁にさせて戻していたわけですが、帰宅後はドリルで穴を開けてキーの様にネジで回り止としました。

これで大丈夫なはず。

PR
昨日と同じで今日もすごく温かい。
朝、ガソリンを入れに行って、暖かさに我慢ができず、出掛けることとしました。

急に決めたため、出発が遅れ10時過ぎです。

目的地はとりあえず南へ。

中央環状道路へ出て南下します。松原市を過ぎて少し行ったところで横道へそれ、しらとりの郷羽曳野(道の駅)を目指しますが、途中で迷いました。ナビもセットしてなかったので少し曲がるのが早かったようです。

ちょっと休憩して、ここで昼食としても良かったのですが、少し早かったので次を目指します。
近つ飛鳥の里太地(道の駅)です。ここは想定外に小さかった。パス。

次はふたかみやま當麻(道の駅)です。ここも屋根の改装中で、いまいち。
しゃあない。コンビニでパンを買います(笑)

その後R168を北上し、R25を経由し少し東へ行き斑鳩の里方面へ。
途中法隆寺の前を通るも明日も出勤だし今日は時間に余裕がないので通過。

後は、ナビを自宅向けにセットしてそのまま誘導どおりに自宅まで戻りました。

約140kmです。

とにかく暑いくらいの日中でした。

普段使っているバイクカバーがまた劣化してきて、掛けるためにちょっと力がかかっただけでピピピって破れました。

2年もたなかった。

高いのを買ったらもうすこしもつのだろうか。

安いものの2枚掛けがベスト?

自作のハンドルバーの走行テストを行いました。
ナビを取り付けて20キロ位走りました。

取り付けのアングルが5センチ位あるので揺れがどうしても発生しますが、手を添えると大丈夫なので良いでしょう。

デイトナのクランプバーは車体の振動をモロに受けて、共振したときにはマッサージ機のような振動をしますが、新しいバーはアングルが緩衝材の効果を出しているのでしょう、そんな高速の振動は出ません。

これはこれでありかなと思いますが、ドリンクホルダーでペットボトルなどをつけるのはどうかなと感じるところです。

ドリンクホルダー自身は1000円もしないので勝手テストしてみてもいいでしょうね。
ドリンク自体が重たいので振動しないかも。

ハンドルバーを取り付けました。



現在まだ以前のバーも付けたままですので変ですが、干渉もしないのでこれでも良いかなと。

ステーもバーもアルミです。ステーを曲げれば結構融通が利きます。

右側のステーが、マスターシリンダーにあたり、これ以上内側に曲げられません。
その為、現在の幅ではこれが精一杯前に寄せてます。
L字のステーを探したのですが、コーナンもコーナンプロにもありませんでしたので仕方ないです。

タンクバッグを2個つけてみましたが、大丈夫そう。
普通につけた場合フルロックさせると少し干渉しますが、少し後ろ目にするとぎりぎり当たらなくなりますので良いでしょう。

デイトナのハンドルクランプバーを取り付ていますが、もう少し取り付けたいものが有り、長さ不足を感じておりました。

他の場所につけることもいろいろ考えたのですが、やっぱりハンドル周りに有ったほうが良いけど良いものがないんですね。売ってるハンドルバーは中間が細くなっていたりして結局つけられるのは2アイテムまでが普通。

ということでバトルファクトリーのアルミハンドルパイプ(280mm)を購入し、ステーはホームセンターで準備したものを取り付けたいと思います。

パイプは届いたので、取り付けたらアップしようかな。
今日は朝は寒かったけど、9時過ぎにはとても暖かくなりました。

せっかくの連休にずっと家にいるのももったいないので、出掛けることとしました。

まずは高槻から亀岡へ抜ける道(枚方亀岡線)で、通行止め!
茨木街道経由で亀岡へ抜けR477から京都日吉美山線へ。
標高の高い山ではかなり寒い。

分岐後少し行ったところにある、まつばらという蕎麦屋でそばを食べる予定です。
12:30頃付いたら3人ほど待ちがありましたが、10分ほどで席につけました。
天おろしそば大盛り(2000円)を注文し食べました。
そばは10割そば、おろしはかなり辛いので調整してくださいと注意を受けます。
天ぷらも揚げたてで美味しくお腹いっぱいになりました。

そば茶も美味しいし、最後に出るそば湯も美味しい・・・・けどつゆをすべて使ってしまっていた(笑)。割らずにそば湯だけいただきました。

食べ終わったら、保津峡へ向かいます。寒いと思うのでオーバーパンツを履きました。
正解です。走り出して木の陰になるとかなり寒いです。

しばらく走ってJRの保津峡駅に着き、写真を撮り、トロッコ電車の駅へ。
しかし、バイクを止める場所がなく通過(笑)。

嵐山付近は渋滞でしたので避けて少し市内向けを通って帰宅です。

走行距離100キロ前後ですが、ひさしぶりに楽しめました。
夏場は暑さの低減に活躍してくれたメッシュシートカバーを外しました。


別にスズ菌中毒ではないのですがこれは気になりますね!

GSX-S
かなり前に買っていたAZのチェーン洗浄セットを使いました。

かなりきれいになりました。
チェーンディグリーザーを十分にチェーンに吹きかけ、10分ほど待ち、その後セットのブラシでゴシゴシ擦るとベタベタの油の塊がとれ真っ黒な洗浄水がたくさん溜まってきます。

何周も回して繰り返しかなりきれいになったので、水で洗い流します。

いくら流しても黒っぽい水がでてきて、なかなか透明になりません。

ある程度落としたところで諦め?て、ウエスで水を拭き取ります。
チェーンはこれで本当にきれいになります。

走行中に少しカチャカチャとチェーンが何処かに触れる音がしていたので、張りの調整にかかります。

リアサスを少し長めに交換しているので、下にあたっているようです。

少しだけチェーンを張ると、上下に振っても当たらなくなりましたのでこれで締め込み。

あとはチェーンにルブを吹き付けます。
吹き付ける前はやはり動きが悪い感じでしたが、ルブを吹いて少し待ち、何回か回転させてみると軽く回るようになりました。これでまたしばらくいけますね。

ディグリーザーは20回位は使えそうな量ですので、無くなりそうもありません。
また、予備のチェーンも買ってあるのですが、交換はいつになるのやら・・・




Copyright ©  EN125 の 備 忘 録 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]