忍者ブログ
Admin / Write / Res
EN125-2Aでリターンおやじライダーの覚書、独り言 プチカスタムやメンテナンス履歴
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと書くのに時間がかかりましたが、先週琵琶湖一周に行ってきました。



当日は朝9時過ぎに出発しました。

当初は彦根とか長浜の辺りを回ろうかと思っておりましたが結局、琵琶湖一週になりました。

京都から滋賀に抜けるのにR1を通りますが、なぜ、二輪通行禁止の高架橋があるのか意味不明。
まあ、昔からだが・・・・

とりあえず、R1で山科を通り大津まで。
大津駅付近から琵琶湖沿いへ移動します。
なぎさ公園で写真を撮り今日はどうしようかなと思いをはせます(笑)。



この辺りは道も快適で、気持ちいいです。
暫く行くと、最初の道の駅草津です。とりあえず一回目の休憩。
これから行く経路にある道の駅はすべて停まる予定です。

10分位店を冷やかして何も買わずに出発。

湖周道路は琵琶湖大橋までの湖岸は結構家やホテルもあり、街の感じがしますが、琵琶湖大橋を超えて暫く行くと急激に何も無くなり、寂しくなります。また、できるかぎり湖岸に近いところを通る予定のため道も細いところが多いです。天気もいいので釣りをしている人もたくさんおります。パラグライダーとかも。

琵琶湖の上を通ってくる風は爽やかで涼しいです。気持ちよく走っていると観光船の乗り場があったのでちょっと冷やかしによりました。



休憩を取り、持ってきた「水」を飲んで水分補給。

彦根を超えて行くと2つ目の道の駅近江母の郷です。
ここもちょっとした休憩のみ。昼食も考えたのですが気にいるものがありません。

続けて暫く行くと、鳥人間コンテストの映像でよく見た建物が見えてきます。



更に進むと3つ目の道の駅湖北みずどりステーションにつきました。

昼を過ぎたのでかなり暑くなってきました。

更に進んで木之本、賤ヶ岳付近を経由します。この辺りは湖岸から少し離れてしまいますが仕方ありません。

次の道の駅は塩津街道あぢかまの里です。ここには鴨そばがあるそうなのでここで昼食と考えましたが、、、、
なんとしばらく休止中とのこと。2時を過ぎているのでお腹は空いているが諦めました。

このあとは奥琵琶湖パークウェイを通ります。

東側の入口は一方通行で通れませんので東側からとなります。

バイクがいっぱい通ってます。ほんとに琵琶湖が道路の脇まであります。
砂浜がありませんのですぐに水面です。残念なことは工事中がたくさんあり
片側通行なので信号が設けられており結構面倒。

しばらく気持ちの良い道路を走ると急に標高が上がりつづら尾崎展望台
に到着です。

景色はとてもいいです。



しばし休憩したあと、戻ります。

あとは、湖西側になるので特に見どころもなく、淡々と湖岸を通り帰宅となります。

R161バイパスが一番京都に近い部分だけ原2も通れるのですが、制限速度表示が70kmです。

出していいのかな?という以前に車が80km以上で走っているので出さざるを得ませが・・。

午後6時半頃帰宅しました。総走行距離280kmくらいです。

疲れました。



PR
京都の大原から鯖街道(R367)をこえ県道781を通り佐々里峠を超え美山経由で周山街道を通って帰る予定で出発しました。

京都市内は結構混んでいて時間がかかり、おまけに結構暑かったですが、R367に入ると順調に進みました。GWですが平日ですので大原も特に混んでおらず、スムーズです。

やっぱり峠の上りはキツイです。エンジンを唸らせながら登ります。もう少し馬力のあるバイクがほしい。

途中を超え、川沿いの気持ちのいい道を走ります。
京都市内と違いかなり涼しく快適です。

県道781の分岐に差し掛かり曲がると、小さく「能見峠方面全面通行止め」の掲示が。

「ええ?」ということで、一旦停止してどうするか考えるが、とりあえず行ける所まで行ってみようと走り始める。しばらく走って府道110との分岐点でおじさんが手を振っている。

県道781は通れそうなので曲がり、少し行って停車。地図を見る。グルっと回って朽木へ抜けれるのか。

では、行くとしよう。点在する集落を繋ぐ道のようです。集落ごとに名前を書いた看板?がかかってます。バスも通っているようですが一日5,6便でした。狭い1車線道路ですが、横の川は水がとても綺麗です。

そうこうしているうちに、朽木へ出ました。
道の駅くつき新本陣についたので寄りましたが、なんと定休日(月曜日)。
GWの中日なのになんでだよう・・と言っても仕方ない。トイレは開いているので、用を足し、自動販売機でコーヒーを飲んで出発。

すぐに、蕎麦屋さんが有ったので昼飯を取ろうと入る。
綺麗なYBR125の横に停める。

12時半頃なので結構混んでいる。順番待ちです。
しばらくしたら呼ばれました。
10割ざるそば、鯖寿司セット、1890円、結構高い。
大変腰のある蕎麦で鯖寿司も美味しかったが2個だけだった。

 

店員も2名だけ?で回ってない。そば湯も頼んだがいつまで立っても出てこないので、諦めて席を立ちました。

帰りはR161を通ろうかとも考えたが、MAPでみると、結構断続的に渋滞している模様。
そのため、そのまま鯖街道を戻りました。







定例となっている三重県白山町の別宅へのツーリングです。

今回は笠置から月ヶ瀬方面を通りました。220km程度でした。
朝8時半に家を出発11時半頃に到着です。別宅で昼食と草むしりと除草剤散布したので、こちらは3時頃出発となりました。

帰りはいつものルートですが、途中で去年に新しく出来た道の駅お茶の京都みなみやましろ村によって期間限定の桜抹茶ソフトを食べました。

お土産にお茶と村茶バウンドを購入。新しいので何もかも綺麗でした。
原付き2種がたくさん停まってました。GIXXERもいましたね。

少し休憩した後出発。和束からたまみずへ抜けようと思いましたが途中から工事のため通行止めとのことでウロウロしてしまい、広大なお茶畑を走り抜けてもとの位置に戻ってしまいました。

途中でクルッと回っている盲腸みたいなところです。



 
全開のプチツーで意外と南方も行きやすいと気がついたので、今回は加太まで行くことを目指します。

R1から中央環状道路を南下、堺に入り、1回目の休憩をファミマのイートインスペースで。
今日は風も強く結構寒いので、ホットコーヒーとマドレーヌを買って暖を取る。

その後R26へ入り南下、りんくうタウンを超え、ぴちぴちビーチ、ときめきビーチの看板を見ながら進む。
阪南の辺りから新道のR26は自動車専用道路になるので、旧道へ。

道の駅みさきが有ったので、ここで2回目の休憩。

美味しそうなお菓子が有ったので購入。ここでちょっと失敗。
レジにもっていったのがサンプルだった(恥)。
レジのお姉ちゃんに「これ見本なので交換してきますね」と笑われてしまった。

みさき公園は入らないのでそのまま通過。



深日から加太の方へ入ります。

とっとパーク小島に寄る。海釣り公園のようなものです。

桟橋の上は当然道路よりさらに風が強く寒い・・・・・
10分ほど、見ていたが、大物は釣れてないようでした。





13時を過ぎていたので、ここで食事を取ります。
桟橋の上のレストラン?で釜揚げしらす定食、800円。

いい感じの海岸線をゆっくり走り、人形供養で有名な淡嶋神社へお参り。



境内のたくさんの人形を見て一休み。



後で気づいたのだけど、見ようと思っていた砲台跡は通過してしまっていた・・。
もう少しきちんと下調べしてこなくちゃね。

和歌山市内を通りR24で橋本方面を目指す。

今日は午後は晴れてくる天気予報だったが曇りのまま、風も強い。
寒くてたまらないので道の駅紀の川万葉の里で休憩で暖を取る。

橋本経由でR371で山越え。R170を経由して戻ってきましたが、雨がパラパラと。

空模様も明らかに自宅方面は雨の様子、黒い雲ときりのような雰囲気が。
間違いなく向かう方目は雨が降っている。

案の定、自宅近くで強い雨にあう・・・・・・・・

かなり濡れて帰宅。18時半すぎ。走行250キロ。

寒かったのですぐに風呂に入った。




昨日と同じで今日もすごく温かい。
朝、ガソリンを入れに行って、暖かさに我慢ができず、出掛けることとしました。

急に決めたため、出発が遅れ10時過ぎです。

目的地はとりあえず南へ。

中央環状道路へ出て南下します。松原市を過ぎて少し行ったところで横道へそれ、しらとりの郷羽曳野(道の駅)を目指しますが、途中で迷いました。ナビもセットしてなかったので少し曲がるのが早かったようです。

ちょっと休憩して、ここで昼食としても良かったのですが、少し早かったので次を目指します。
近つ飛鳥の里太地(道の駅)です。ここは想定外に小さかった。パス。

次はふたかみやま當麻(道の駅)です。ここも屋根の改装中で、いまいち。
しゃあない。コンビニでパンを買います(笑)

その後R168を北上し、R25を経由し少し東へ行き斑鳩の里方面へ。
途中法隆寺の前を通るも明日も出勤だし今日は時間に余裕がないので通過。

後は、ナビを自宅向けにセットしてそのまま誘導どおりに自宅まで戻りました。

約140kmです。

とにかく暑いくらいの日中でした。

今日は朝は寒かったけど、9時過ぎにはとても暖かくなりました。

せっかくの連休にずっと家にいるのももったいないので、出掛けることとしました。

まずは高槻から亀岡へ抜ける道(枚方亀岡線)で、通行止め!
茨木街道経由で亀岡へ抜けR477から京都日吉美山線へ。
標高の高い山ではかなり寒い。

分岐後少し行ったところにある、まつばらという蕎麦屋でそばを食べる予定です。
12:30頃付いたら3人ほど待ちがありましたが、10分ほどで席につけました。
天おろしそば大盛り(2000円)を注文し食べました。
そばは10割そば、おろしはかなり辛いので調整してくださいと注意を受けます。
天ぷらも揚げたてで美味しくお腹いっぱいになりました。

そば茶も美味しいし、最後に出るそば湯も美味しい・・・・けどつゆをすべて使ってしまっていた(笑)。割らずにそば湯だけいただきました。

食べ終わったら、保津峡へ向かいます。寒いと思うのでオーバーパンツを履きました。
正解です。走り出して木の陰になるとかなり寒いです。

しばらく走ってJRの保津峡駅に着き、写真を撮り、トロッコ電車の駅へ。
しかし、バイクを止める場所がなく通過(笑)。

嵐山付近は渋滞でしたので避けて少し市内向けを通って帰宅です。

走行距離100キロ前後ですが、ひさしぶりに楽しめました。
遠くに出ると雨が振りそうだし、体もしんどいけど・・・・

3連休で全く遠出しないのも悔しいので、少しだけ。

自宅から北上し、高槻の田能を通り向日町へ抜け、北上して9号線を通り、亀岡経由で、また帰ってきました。約60キロ。
GWも後半に入り、天気も良かったので、出かけました。
行き先はいつもの津の別宅です。

今日はR307からR422でそのまま東へ向かい、信楽の森のcafeを抜け、道の駅あやまで休憩、コリドールロードを通り青山リゾートの中を抜け、津へ。
帰りはR165から同じくコリドールロードを北上、上柘植から水口まで。
そこから再度R307に入り戻りました。

森のcafeは道路に6~7台くらい車が並んでました。

道の駅あやまで、そばを食べようかと思ったけど余りお腹もすいてなかったので、大判焼きを1個。
昼飯は津のマックスバリューで弁当を買う。
津では草引きをし、とんでもなくでかい蜘蛛と格闘し、汗を書いたのでシャワーを浴び、一息ついてから帰宅です。
約250㎞でした。

いつもの道ではつまらないので新しい道を通りました。

時期は決めてませんが、近いうちに淡路島一周のツーリングをしてみたいと考えています。

そのためには、淡路島に渡るための手段が必要です。

以前はフェリーが有りましたが、明石海峡大橋が出来てしまい、一気に本数も減り、ついに完全に消滅しました。

それが、おととしやっと、ジェノバラインにて原付きの輸送が再開され、原二でも淡路島に渡ることが可能になりました。

自宅からジェノバラインまで2時間ほどかかりますので、実際にツーリングするとすれば結構早く出ておく必要があります。

ということで、とりあえず港まで見に出かけることにして、行ってきました。
走行距離役170キロ。

久しぶりなので疲れました。

Goproもどきも活躍して、USBで給電しながらでずっと録画できました。ドライブレコーダーにもなりますね。

写真は途中の明石海峡大橋で
酷道の一つとして有名な、京都のR477百井別れを通ってきました。今日は大原から花背へ抜けるルートです。
ここの鋭角300度?ターンはバイクにとっては大したことはありませんが、車にとっては本当に酷ですね。

また、百井峠の前後はバイクにとってもかなりの急角度の坂道です。

暗峠でもそうでしたが、私のENでは1速でないと上がれないところがありました。(笑)
下りは1速でもどんどん速度が上がっていきます。

急な登りの途中でPCXに普通に抜かれました。こういう道はスクーターのほうが運転しやすいですね。

走行距離,約200km。
途中の道でもぐらが道路上をウロウロしているのを見かけてちょっとびっくり。




水平距離 194.47km 沿面距離 194.99km
経過時間 5時間59分03秒 移動時間 4時間47分59秒
全体平均速度 32.58km/h 移動平均速度 40.63km/h
Copyright ©  EN125 の 備 忘 録 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]