忍者ブログ
Admin / Write / Res
EN125-2Aでリターンおやじライダーの覚書、独り言 プチカスタムやメンテナンス履歴
[1]  [2
直ったかのように思えていたフロントのベアリングですが、やはりおかしいようです。(そりゃすだわな)。

強めにフロントブレーキを握ると、ギュルルルル・・・というような音がします。

ブレーキのディスクやパッドの引きずりではありませんので、やはりベアリングのようです。

さて、どうして交換しようか。

ショップに頼むか、ツールを買って自分でするか。
PR
走行中、なんかサリサリという音がします。

どこからかはっきりしませんが、止まって押しても周期的な音がします。

フロントを上げて回すと音がしません。

荷重をかけると音がするのか?

まだ1万キロ走ってないんだけどね。
少し前に気がついたのですが、リアタイヤを回してチェーンをメンテしていたら場所によってチェーンの張りが変わることに気がついた。

チェーンの動きはスムーズなので理由がわからなかったのですが、ネットを見ていて片伸びという言葉を見つけた。

チェーンの場所によって伸びが違ってきてこの様な現象が起こると。
一定のスピード以上になると周期的な「くおん、くおん」というような音が聞こえていました

まさにこれが原因のようです。

予備のチェーンはあるので今度交換してみよう。

スプロケットも新品にすれば良いのですが、持ってないのでとりあえずはチェーンだけ買えて様子を見たいと思います。
先日モゲた左ミラーの交換用として購入したAZミラー。

ミラー部分は同じだろうとやすいのを買ったら、支柱の太さが違ったようではいらない。

うーん。完全に見誤った。

アルミだからドリルで穴系を広げるか。

できるかな、しっかりしたバイスはないし。
ボルトの固定不具合でいまいち納得がいかなかったけど、しっかり固定させたあと、動きが悪い向きの調整部分をグリグリ動かしていたら・・・・

ポロッと、取れてしまいました。

唖然としました。あまりにもあっけなくモゲてしまったので。

片側だけ買わないといけなか。

くそう。
調整したミラーですが、右側が以前から固定が緩く、すぐに動いてしまう状況だったのです。

今回調整したあともまたすぐにグラグラになり始めたので、増し締めしたら、、、、
馬鹿になりました。

くそう。

一つサイズが大きいタップがあったので、ネジを切り直しました。
アルミのようで柔らかいのは判ってましたが、支柱側に少し穴を開けて引っかかりをつけてやるべきだな。

それよりこんな品質のまま放置しているメーカーも問題。

ちょっと検索したらネットでも結構なユーザーからのレポートが上がってる。

リアサスペンションのエアですが、1本がすぐに抜けてしまいます(笑)

反対側は抜けませんので、完全な不具合品?

まあいいです。
どこからかビビリ音がするんですよね。

走行していて4500回転くらいになると、かすかな「びびびび」という感じが。

ミラーか?

ケーブルか?

どこか緩んでいるのか?

いろいろ見たけど判らない。

けど音も止まない。
ブレーキを踏んだ瞬間に「カツン」といって金属音がして、軽くキックバックのような反動があることがたまーにあります。

シューとドラム部の関係でタイヤをはずしたあとの組み付け不具合かもしれませんので、軽くばらして再組み立てとかしてみてしばらく様子を見ようと思います。

上記反動があった後もブレーキは普通に効きます。
暖かくなってチョークレバーを操作しなかったからか、久しぶりに動かしてみたらかなり固い。

注油が必要かな・・・・
Copyright ©  EN125 の 備 忘 録 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]