忍者ブログ
Admin / Write / Res
EN125-2Aでリターンおやじライダーの覚書、独り言 プチカスタムやメンテナンス履歴
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ベアリングは効果がなかったので、次の手段としてブレーキパッドを交換してみました。

EN125用なんて売ってないので、形から行けそうなやつを選びました。

デイトナ72451です。

適合はTT250R / DT230 / DR250S / ジェベル250 / KDX250SR となってます。



ベースプレートの形状はほぼ同じです。
取り付けも問題なく出来ましたが、シムがはまりません。
わずかにベースの高さ方向の寸法が違うようです。
シムは取り付けないこととしました。

パッド部分の形状は少し違います、デイトナのほうが広いです。
ブレーキディスクはまだ余裕がありますのではみ出ることはなく問題ありません。


取り付けてから、早速、あたりを出すため少しだけ走ってきました。
もう少しあたりが出るまで状況はわかりませんが、効果はなさそうな感じ・・・・
PR
フロントホイールベアリングを交換しました。

http://park8.wakwak.com/~pleiades/en125/frontbearing.html


しかし、異音はなくなりませんでした。

ベアリングを単独で回しても違和感がなかったので、違うのかなと感じましたが、やっぱりです。

さて、次はどうしようか・・・

先にやるべきだったかもしれませんが、パッドの交換?

角落としはやってみたんですけどね。
フロントタイヤのベアリングだけが先行で届きました。
monotaro 3000円わずかに超える金額で7つのアイテムを3回に分けて発送して送料無料って大丈夫なのだろうか・・・・
フロントのベアリングがおかしそうなので交換をするためにツールを購入しました。

通勤号(アドレスV125 )のフロントホイールで何回かアンカーを使った取り外しを試しましたが、やり方が悪いのでしょうけど、いくらやってもうまくいかないので素直にツールを購入することとしました。

ショップに頼んでもいいのですが、通勤号とENで1回ずつお願いすると工賃相当でツールが買えますので自分でやってみたいことも有り購入と決めた次第です。

昨日、アマゾンでポチったので今日の午前中に届きました。

とりあえず、以前、歪みで交換していたアドレスの古い方のホイールで試したところかなりきっちりはまっていた様で結構力がいりましたが、動き出しに「クン」と音がしてあとはスムーズに引き出せました。

ベアリングを購入して交換してみたいと思います。
直ったかのように思えていたフロントのベアリングですが、やはりおかしいようです。(そりゃすだわな)。

強めにフロントブレーキを握ると、ギュルルルル・・・というような音がします。

ブレーキのディスクやパッドの引きずりではありませんので、やはりベアリングのようです。

さて、どうして交換しようか。

ショップに頼むか、ツールを買って自分でするか。
フロントベアリング?からの異音と思いばらしてみました。

タイヤを人サイズ上げているのでフロントフェンダーを外さないとタイヤが取れないのでフェンダーを外している時に固定部分をちょっと割ってしまいました。

くそう、とりあえずここはプラリペアで修復です。

タイヤを外してカバーを取って手で回してみましたが、特にゴリゴリ感もなく普通に回ります。
両側ともです。

これならベアリング交換は必要なさそうです。

シールタイプなのでグリス追加もできません。

仕方ないので元通り取り付けて、試走。

あれ?全然違和感なく、異音もなく普通に走ります。

何だったんだろう・・・・・
走行中、なんかサリサリという音がします。

どこからかはっきりしませんが、止まって押しても周期的な音がします。

フロントを上げて回すと音がしません。

荷重をかけると音がするのか?

まだ1万キロ走ってないんだけどね。
先週のV125の発電トラブル?からこちらで通勤してます。

本格的に通勤に使うのは初めてですが、思ったより使えます。
すり抜けとか結構しにくいかと思いましたが、普通にできます。

そりゃホントギリギリの場合はV125に軍配が上がりますが。

雨がふらなければ使えますね。

確かに、チェンジとかめんどくさいですが。
ちょっと書くのに時間がかかりましたが、先週琵琶湖一周に行ってきました。



当日は朝9時過ぎに出発しました。

当初は彦根とか長浜の辺りを回ろうかと思っておりましたが結局、琵琶湖一週になりました。

京都から滋賀に抜けるのにR1を通りますが、なぜ、二輪通行禁止の高架橋があるのか意味不明。
まあ、昔からだが・・・・

とりあえず、R1で山科を通り大津まで。
大津駅付近から琵琶湖沿いへ移動します。
なぎさ公園で写真を撮り今日はどうしようかなと思いをはせます(笑)。



この辺りは道も快適で、気持ちいいです。
暫く行くと、最初の道の駅草津です。とりあえず一回目の休憩。
これから行く経路にある道の駅はすべて停まる予定です。

10分位店を冷やかして何も買わずに出発。

湖周道路は琵琶湖大橋までの湖岸は結構家やホテルもあり、街の感じがしますが、琵琶湖大橋を超えて暫く行くと急激に何も無くなり、寂しくなります。また、できるかぎり湖岸に近いところを通る予定のため道も細いところが多いです。天気もいいので釣りをしている人もたくさんおります。パラグライダーとかも。

琵琶湖の上を通ってくる風は爽やかで涼しいです。気持ちよく走っていると観光船の乗り場があったのでちょっと冷やかしによりました。



休憩を取り、持ってきた「水」を飲んで水分補給。

彦根を超えて行くと2つ目の道の駅近江母の郷です。
ここもちょっとした休憩のみ。昼食も考えたのですが気にいるものがありません。

続けて暫く行くと、鳥人間コンテストの映像でよく見た建物が見えてきます。



更に進むと3つ目の道の駅湖北みずどりステーションにつきました。

昼を過ぎたのでかなり暑くなってきました。

更に進んで木之本、賤ヶ岳付近を経由します。この辺りは湖岸から少し離れてしまいますが仕方ありません。

次の道の駅は塩津街道あぢかまの里です。ここには鴨そばがあるそうなのでここで昼食と考えましたが、、、、
なんとしばらく休止中とのこと。2時を過ぎているのでお腹は空いているが諦めました。

このあとは奥琵琶湖パークウェイを通ります。

東側の入口は一方通行で通れませんので東側からとなります。

バイクがいっぱい通ってます。ほんとに琵琶湖が道路の脇まであります。
砂浜がありませんのですぐに水面です。残念なことは工事中がたくさんあり
片側通行なので信号が設けられており結構面倒。

しばらく気持ちの良い道路を走ると急に標高が上がりつづら尾崎展望台
に到着です。

景色はとてもいいです。



しばし休憩したあと、戻ります。

あとは、湖西側になるので特に見どころもなく、淡々と湖岸を通り帰宅となります。

R161バイパスが一番京都に近い部分だけ原2も通れるのですが、制限速度表示が70kmです。

出していいのかな?という以前に車が80km以上で走っているので出さざるを得ませが・・。

午後6時半頃帰宅しました。総走行距離280kmくらいです。

疲れました。



昨日の夜にトイレに入ったときになんかガソリン臭いなと感じたので、念のためにバイクを見に行くと・・・・。
げっ、漏れてる。地面まで濡れている。

フューエルラインホースに手を触れるとびちゃびちゃ。

すぐに、コックを閉めてガソリンを拭き取りました。

取り外した古いホースの内径を図るとΦ4。

そりゃそうだわな。

と、今日は二輪館へ行ってΦ4のホースを買ってきました。
無駄金を使ってしまった。

早速取り替え。

き、きつい。まあ、古いホースは抜けなかったので切り裂いたから当然か。

キャブレター側をぐぐぐぐって押し込んでも半分くらいまでしか入らない。

まあいいか、

2mものフューエルホースどうすんだ(笑)
Copyright ©  EN125 の 備 忘 録 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]