忍者ブログ
Admin / Write / Res
EN125-2Aでリターンおやじライダーの覚書、独り言 プチカスタムやメンテナンス履歴
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ものわすれ
性別:
非公開
P R
忍者カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
今かけているカバーが劣化してテープ補修していたのですが、その個所も増えてきて、今日もまたかけるときにちょっと不用意に引っ張ったら・・・・ピピピ・・・っと。

びびびっではありません。ピピピっとかんたんに破れました。

仕方ないのでそろそろあきらめ時としてyahooで購入。
PR
片道自宅から30キロくらいなのでツーリングというほどではないが、今まで行ったことがなかった暗峠へ行ってみました。大阪側からのアプローチです。

噂にたがわぬ酷道で急坂。

土日だからかハイカーも多く、自転車もたくさん。

WEBにたくさんアップされている写真の場所も人が多くてバイクは停めるのに気が引けてほとんど写真撮らず。

一応頂上(峠)では撮りましたのでそれをアップ






しかしみなさん、どうやってあの急坂でバイクを停めて写真を撮っているんだよ。
平地はほとんどないし、脇の空き地は平地じゃないし転倒しそうで停められないじゃん。

フロントのギアを2丁アップして14%ハイギアード化している私のENでは1速でしか登れません。多少傾斜が緩くなっても2速では失速。

まあ楽しかった?です。
超えてからはR168で帰ってきました。

出発から帰宅までで要した時間やく3時間。

先月交換してから長距離を走ってませんでしたので、インプレができてませんでしたが、今日は時間があり高槻から亀岡、八木、園部を経由して美山ふれあい広場まで行き周山街道からR477を使い、再び八木経由で戻ってきました。

疲れは依然と比べて相当ましです。腕から肩にかけての疲れ具合がなくなりました。
わずかなハンドルの高さ、距離の変更ですがとても効果がありました。

園部でR9から分かれてからの道はとても良く快適でした。
だからかもしれませんが、覆面パトの餌食になった車も・・・・

京北からのR477は狭いところでは左側が崖でガードレールがないところも多く、びくびくしながら走ってました。

杉の木がガードレール代わり?という感じで、垂直に近いところも多々あり、落ちたらどうなるのかな・・・・と考えながら。

ハンドルを交換しました。

ハリケーン BMコンチ・3ガタ (P7/8インチ) メッキ (HB0041C-01)です。

私にとっての初めての前傾がきついバイクで、ツーリングなどの長距離となると肩腰腕の負担がかなり大きいです。辛くてたまりませんので、もう少し楽になるようにと。

交換作業は暑くて休み休みだったので2時間くらい掛かりましたが、いい感じになりました。

今度、ツーリングに出かけたら効果を実感できるかと思います。

3000円程度でいい感じの改造ですね。

詳細は本体のHPで。
チェーンが少し伸びてきたようで、走行中にカチカチと当たる音がし始めましたので、チェーンの張りを調整しておきました。

調整後、音はしなくなりましたので、OKです。
ウインカーの戻し忘れが時々あるので、ウインカーリレーの動作音付きを購入しました。
購入といってもヤフオクですが。

届いたので、早速取り付け、ピーピーという電子音です。

かなりデカイ音。

しかし走っておればよい感じか・・・・

ちょっとだけテープで音量を下げてみました。

これでしばらく運用します。
最初から付いているダイヤフラムは結構穴があく様なので一度確認しておこうとやってみました。

最初はタンクははずさずにやろうかなとも思いましたが、今までの経験で邪魔になりそうなものははずしておくほうが結果として楽で早くできるのが身にしみて判ってますので、早々に気持ちを変えてタンクをはずします。

アクセルワイヤー、チョークワイヤーをはずして、キャブレターの前後のインシュレーターのねじを緩めて、何とかなるかと思ったけど・・・。

邪魔なエアクリーナーも取っ払う。エアクリーナーを止めているボルトが緩々で唖然とするも、これで、キャブレターは無事外れました。

で、ダイヤフラムにアクセスするため、キャブレターの上のねじをはずそうとするがまた固い。

キャブレターを手に持って緩めるのは無理。確実になめそうです。
地面に置こうとするも、下部のガソリンを抜くところ(なんていうの?オーバーフロー?)が出っ張っているのでそのまま地面に置けない。

木材を持ってきて何とか手で支えながら上からドライバーを押し付けて「ふんっ」と力を入れると「かっ」と軽い音がして緩みました。良かった。もう一方も同じくらい固いが何とか外れた。

蓋を開けて、ダイヤフラムを確認したが、問題ありませんでした。
ネットで見るように確かにペラペラですが、破れそうな感じもありませんでしたのでそのままも戻して終了です。

これで、次回?(いつだ)ダイヤフラム交換することになったとしても大丈夫です。

すべて組みなおしてエンジンも掛かりました。家の近所を1周しても問題なし。
イオンに行ったら、もう一台EN125-A2が停まってました。たぶん以前見かけた方でしょう、久しぶりに見かけました。GNはよく見かけますがENはほんと見ないので・・・・


昨日のツーリング後の給油です

トリップメーター 262.5km

給油 5.59L

燃費 47.0km/L

交通費だけ見るとこのガソリン代が約600円ですので、非常に安く一日遊べました。


自宅~(R171)~京都~(R367・鯖街道)~途中越~朽木~(R303)~小浜~(107号)~エンゼルライン~小浜~(R162・周山街道)~南丹~美山~高雄~嵐山~自宅

10:30~18:30 約8時間,、約250km 

しかし、このバイク、ウインカーの切れ?が悪い。

しっかり押し込んでリセットしたはずなのに切れずに、パカパカ・・・・

今回も3回ほど。2回は数百mで自分で気づいたが、1回はまったく気づかず、後ろから抜かして行ったライダーに、ホーンと手で教えてもらった、恥ずかしい。

ナビの取り付け位置を変えたのでインジケーターが余計に見難くなっているのも有るとは思うが。。。。

昨日のツーリングで感じた部分です。

郊外の国道では車は結構なハイペースで流れてます。信号の少ない区間になると70を超え80近い速度も普通・・・・

ENでは、この速度は辛いです。2車線なら車もどんどん抜かして行きますが、片側1車線の道路ではそうも行きません。こちらは平地で風がないと何とかなる感じですが、昨日のように風が強く、峠の上り坂など、限界の速度です。70を超えるくらいになると余裕がまったくなくなり、気がつくとフルスロットル。あれっ???と。

今度からは60+αくらいで行って見よう。燃費もかなり違うはず。
Copyright ©  EN125 の 備 忘 録 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]